Posts By sintaq

UE4で神ゲ作る時に持っておきたいマーケットプレイスアセット

これはue4 advent calendar 2016の22日目の記事です。

神ゲー作る時に持っておきたいマーケットプレイスアセット

またもやタイトルは釣り気味。
今回はゲーム制作用に有用で是非もっておきたいUE4マーケットプレイスアセットを紹介したいと思います。
有料でマーケットプレイス内にて購入できるもののみを対象とし、カテゴリー毎にリスト化しました。
セールが終わったばかりでタイミングが悪く、円安も影響してアセット買いにくい情勢ではありますがそれでもゲーム制作時にあったら役に立つアセットを挙げていきます。
UE4のアセットは、Unityに比べれば数は少ないですがその分個々の基準値は高いと思うのでこれを機会に試しに手にとってみてください。

【アニメーション】

・Movement Animset Pro for UE4 $64.99

基本的なアニメーションセットです。
UE4はリグがある程度共通ならリターゲットが可能であり、他スケルタルメッシュへの移植も簡単なのでひとつあれば色々な場面で使用できます。
マーケットプレイスにアニメーションパックは数多く、ゲームの内容によりますがこのセットは前後斜め移動のパターン、基本ジェスチャが一通り揃ってるので最初に購入するのがおすすめです。

【ブループリント】

・Spline-Enabled Fence Pack $19.99

プロシージャルに壁やフェンスを生成するブループリントです。
プロシージャルとはスクリプトにより自動で生成するオブジェクトのことで、スプラインを操作するだけで簡単にレベル上に配置することができます。
種類は少ないですが、レベルデザインにはよく使いそうなアセットなので買って損はないでしょう。

・Landscape Auto Material $149

通称LAM、今回扱うアセットの中で最高価格であり実際値段の通り有用な景観作成アセットです。
地形・樹木・草花を半自動で生成可能で、UE4標準のランドスケープ機能を強化したようなアセットです。
操作自体はシンプルで、入り組んだ地形や背景を手軽に作れますが動作はその分重い感じです。
LAM価格が高い、シンプルなアセットが欲しいという人は同じカテゴリーにあるproceduralNaturePackのほうをおすすめします。

・Procedural Trash Placer $24

レベル上にゴミを散布するツール。エディタ上でレベルにオブジェクトを配置できます。コリジョンも反映してるので文字通りゴミを投げ捨てる感じでぽいぽいと。
これが意外に有用で、レベル作成時には結構お世話になってたりします。
散布するオブジェクトはもちろん指定可能で、ゲーム内ワールドのリアリティを引き上げてくれるので重宝してます。

・Ultra Dynamic Sky $29.99

天球作成アセット。要するにランドスケープが地ならばこれは天を編集するためのアセットです。
他にも似たようなアセットはありますし、UE4でも標準でBPスカイスフィアが用意されてますがこれはその機能拡張版といったところです。
拡張版といっても特別機能が豊富なわけでもないですが、クオリティはしっかりあって使いやすいアセットです。

・Smart Spline Generator $39.99

スプラインを操作して、オブジェクトをプロシージャル生成から変更までできるアセットです。
口で説明しにくいので動画をみてもらったほうが早いと思います。→動画
オブジェクトの形状や重力も考慮して配置でき、例によってプロシージャル生成なので編集も楽にできます。

・昼夜・天候・季節が変えられる環境 $19

何故か日本語ランチャーだと何故か英語直訳みたいな言葉で表示されるアセット。
Ultra Dynamic Skyと似ていますが、こちらは天球の変化のスパンを変えたり季節ごと編集できたりします。
正直個々のクオリティはそこまで高くないですが、カスタマイズ性は高くパラメータもかなり多いので景観そのものをコントロールする時には有用です。

【コードプラグイン】

・Instance Tool $9.99

オブジェクトのインスタンス作成ツール。
インスタンス生成はUE4の標準機能ですが、専用のUIで作成できるのでお手軽に調整できます。
ランダムに並べたりする機能は無いっぽい?

・SetupUEr $14.99

ゲームのロゴやキーバインディングを設定できるプラグイン。
ゲームのスプラッシュを設定すると開く時には制作者のテンションが200%あがり、日々の作業のモチベーションにつながる。かもしれない。

【環境】
・supergridstarterpack $24.99

プロシージャルにブロックを生成してレベル上で尺、サイズを把握するためのアセットです。
ブロックはゲーム内で1m単位なので距離感を測ることができます。
ただ自分の環境だとテクスチャが何故かはがれてしまい、うまく表示できません。何故だろう

【マテリアル】

・Ground and Walls Texture Pack1&2 各$4.49

ゲーム制作にマテリアルは不可欠です。自分で全部作るのは現実的でないし、特別なものでなければ外からもってきて何も不都合はないと思います。
特にフィジカルベースドレンダリングの得意なUE4では、物理的に正しいパラメータさえ合っていればどれも見栄えが破綻するようなことはありません。
マーケットプレイスには数多くマテリアルが販売されていますが、とりあえず入門用としてお安い価格のこれをオススメしておきます。

・Customizable Wood Floor Pack $9.99

材木素材の床材に限りますが、様々な形状や模様が変更可能なマテリアル。
テクスチャ解像度が4Kと高く、リアリティ志向のグラフィックにも耐えられるマテリアルを作成できます。
解像度はゲーム内でもかなり見栄えに大きく影響するので、マーケットプレイスのテクスチャアセットを見る時は留意しておいてください。

・Crazy Insane Door Pack $19ドル

Crazy(狂気)Insane(あり得ない、非常識)と色々すごい単語の並んだドアのアセットパックです。
狂気と形容するだけあって、200種類以上のドアのアセット、及び開閉用のBP等を同梱しています。
そこまでドアが必要になる場面もあまり思い浮かびませんが、お得感はあるアセットです。

【武器】

・Japanese Weapon Collection $4.99

武器のカテゴリーに関しては、正直作るゲームの内容による部分が大きいのでこれといってオススメはありません。
というか銃と剣がほどんどなので、好みのよるとしか言えない感じです。
その中でこのアセットは5ドルと安く日本向けのアセットとして出番がありそうなので挙げておくことにします。。

【建築ビジュアライゼーション 】

・Crazy Insane Dining Sets $29.99

前述のクレージーインセインシリーズ第二弾。
今回はダイニングのセットです。これも内包アセット1470個となかなかのとばしっぷりです。
ちなみにインセインシリーズはあとひとつあるのですが、それはパティオシリーズでゲームで使うには実用性がイマイチだったので今回は候補外。

・Basic Parquet 2K Texture Pack for ArchViz $4.99

材木のテクスチャです。2Kですが約5ドルとお求めやすいのでリスト入り。
4Kだと高くなるのでもう少し慎重に選んだほうがいいでしょう。

フリーなのでリストには入れませんでしたが、建築ビジュアライゼーションにはKoolaさんのLightroomというプロジェクト一式があります。
Koola式と呼ばれる間接照明を使用した効果的なライティング手法が採られているので、一度ダウンロードして中身を確認しておくと良いでしょう。

【エフェクト】
・Kakky FXシリーズ $9~$19.9

ご存知UE4エフェクト神Kakkyさんのエフェクトシリーズです。
学習用として自分もいくつか買っています。どれかあれば、エフェクト用のオブジェクトやモジュール用のマテリアルも転用できるので、ひとつは買ったほうがいいでしょう。
個人的におすすめはAdvanced Magicの4とか5あたり。
シェーダーで巨人の腕アニメーションを再現してたりなかなかのインセインぷりです。

・200+grunge decals $24
デカールとはオブジェクトに投影して表示するオブジェクトのこと。
メッシュではないので軽く、レベル内の賑やかしに有用です。ただしあくまでシールを貼ってるようなものなので使い所は考える必要があります。
このアセットは表題の通り200以上のデカールのパックなので、レベル作成時にあると選択肢の幅が広がるかもしれません。

・Amplify LUT Pack $14.99

LUTとは色調データのことです。正確なところは自分もよく知らないのですが、ゲーム内レベル空間の色調をコントロールするデータだと思ってください。
UE4ではポストプロセスでこのLUTを設定することで色のトーンを統一することができます。やってみればわかるのですが、画面を一枚絵とした場合のクオリティ向上にとても寄与します。
マケプレではこのLUTのパックはいくつかありますが、自分はこのセットを主に使っています。色々サンプルを試してシーンに最適なものを見つけてください。

【テクスチャ】

・100+ Noise Texture Pack $14.99

ノイズテクスチャのセットです。
単純にこれより数が多いアセットもあるのですが、それらはやや単調なものが多い印象だったのでこれを最初に入れることが多いです。
ノイズはマテリアル、エフェクト作成時に必要になる場合が多いので新規プロジェクトを作ったときはとりあえず用意したほうがよさげです。

・32 Seamless Materials $44.99

シームレスなマテリアルのパック。値段が高い割に2K解像度ですが、クオリティは高いです。
BSPブラシでざくざくレベルレイアウトを切って、とりあえずこのマテリアルを貼るだけでもUE4は結構絵になっちゃったりします。

・Bookman’s Custom Noise Texture Pack Volume 1 $19.99

これもノイズのテクスチャを編集できるアセット。
4K解像度でノーマルマップを調整できるので、マテリアルの質はかなり上がります。
UE4は単純なマテリアルをただ置くだけでもそれなりには見えますが、綺麗すぎる質感は違和感の元になるのでわざと汚す為にに使います。

【音楽、SE】

音楽・SEに関してはひとつにまとめて紹介します。
ただ、やはりサウンドはゲームの内容による部分がかなり大きく、好みと用途によるので一概にはおすすめできません。
経験がある人ならわかってくれると思うのですが、例え作りかけでも音声がつくとグッとゲーム内の情感があがるのでとりあえず鳴らしてみるというのも有りだと思います。
なのでどんなゲームの方向性にしろSEとアンビエントはいくつか持っておいて損はないです。
特に自然環境音、そのシーンで鳴っているであろうアンビエントサウンドがあるとレベル制作時の指針となります。

・Nature Loops $19.99

・Organic Nature 19.99ドル

ESMという会社はEpicStockMediaという名前なんですね。Epicと入ってるけどUE4の本社とは関係がない模様

単純なSEならコレ。
・Universal Sound FX $39

あとは足音用のアセットもほぼ使うので、いくつか揃えておくと良いかと。

以上です。
拙文でしたが、神ゲー制作の一助になれば幸いです。

明日はfinapさんの「UnrealC++ Tips」です。

はてなブックマーク - UE4で神ゲ作る時に持っておきたいマーケットプレイスアセット
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

UE4でゲーム作る時に是非とも導入しておきたい プラグイン7種

タイトルは釣り気味。

UE4はソースが公開されているので、様々なプラグインが各種開発されています。
マーケットプレイスにプラグインの項目はありますが、まだ数は少なく知名度低いものもあるのでここで紹介します。
フリーなものから有料なもの、種類もさまざまですがその中から厳選した是非導入しておきたいプラグイン全7種です。

 

Allright Rig
フリー

UE4内でメッシュにリグを設定できるプラグインです。
シーケンサと組合わせればUE4上でボーンアニメーションも作成可能です。
有料で似たようなプラグインはいくつかあるようですが、現在無料なのはこれだけと思います。
スケルタルメッシュアニメーションはUE4上でも一応作成可能ではありますが、実際別のDCCでツールを使用して作成する場合がほとんどだと思うのでこのプラグインの存在意義は高いですね。
まだベータテストの開始直後であり、機能も全て把握はしていませんが今後の開発も期待できる将来性の高いプラグインだと思います。
将来は製品版として有料になる可能性もあるかも?

 

 

NeoFur
非商用版/20ドル 商用版/99ドル

・髪、毛皮を作成するプラグインです。
それだけでなく植物なども作成可能です。
今ならセール中であり、非商用の個人使用なら16ドルほどで購入可能です。
自分も購入したばかりなのであまり動かしていませんが、デモを見る限り使用用途はかなり幅広そうです。
UE4はデフォルトでは髪・毛の表現はあまり得意でなく、作成も容易とはいえないので持っておいて損は無さそうなツールです。

 

 

SubstancePlugin
フリー

・有名なテクスチャ作成ツール SubstanceDesigner・SubstancePainter のファイルをUE4に読み込むためのプラグインです。
たまに挙動が悪さをするらしく、特にパッケージングなどで開発者を泣かせたネガティブな実績もあるプラグインですが・・さすがに機能も豊富で導入するメリットは十分にあります。
テクスチャ作成はあくまで別ツールのSD・SPになりますが、双方ともにテクスチャエディタとしては最高峰であり、実際にハイエンドゲーム開発会社にて採用実績も多数ある業界標準の地位を確立しているスタンダートなアプリです。
同じくSubstanceのテクスチャ作成支援、Bitmap2Materialというツールもマーケットプレイスに存在します。
UEでゲーム開発するならテクスチャはどうしても必要になるので、何がしかの作成環境はほとんど必須と言い切っていいと思います。
自分もSD・SPとまた別のQuixelというテクスチャ作成支援ソフトを併用してます。

話はそれましたが、SDとSP上で設定したパラメータなどはそのままUE4上で調節できるので使いやすいです。
ラフネス・ディスプレイスはもとより独自に設定することも可能なのでテクスチャ作成の選択肢はかなり広がります。
動作も軽快であり、導入も手軽で簡単なのでおすすめします。

 

 

PopcornFX
非商用版/フリー 商用版/250$

シェーダーベースでエフェクトを作成するフリープラグイン。
ただマーケットプレイスではフリーなのですが、公式サイトには25$で販売されています。機能はまた別なのでしょうか?
正確にはPopcornFXエディタという専用の開発環境が別に用意されており、それをUE4内に取り込むためのプラグインです。
前述のとおりシェーダーベースでランタイムなので非常に動作が軽く、パーティクル大量表示などが得意です。デモをご覧いただければわかりますが非常に高精細で美しいエフェクトを作成できます。
GLSL言語でソースを直接記述してエフェクトを作成する形式なので、難易度としてはやや高いですがUE4と組合わせた場合の表現力は抜群ですね。
ただUE4は基本シェーダーがHLSLなので、どうせなら同じ形式ならもっと楽だったかなと。
もっともGLSLとHLSLはある程度互換性があるので大きな障害にはならないでしょうが。

 

 

TrueSKY
インディーライセンス/99$ サブスクリプション/16$(月払い)

UE4上で自由に天球・天候を編集できるプラグインです。
単純に時間・天候を設定するアセットは数多いですが、これは機能も豊富で表現力は数段上な気がします。
特にボリュメトリックな雲は抜群の存在感があります。専用ノードも用意されておりブループリントとの連携も可能。
バンダイナムコさんのシューティングゲーム「エースコンバット」シリーズでも採用例があるので、実力・実績ともに申し分ないでしょう。
インディー向けで買い切り99ドルと比較的高価ですが、サブスクリプションライセンスなら月16ドルで導入できるので敷居は決して高くないと思います。
PopcornFXと これはUnity向けにも同じプラグインが存在しますね。

 

 

 

WIP Weather & Ocean Water Shader
フリー

・ue4上で海面を再現するシミュレーター。
カスタム・拡張が容易で無料としては必要十分な機能が揃っています。
有料で似たようなプラグイン・アセットはありますがどれも高価なのでこれを持っておいて損はないと思います。
今のとこ使う機会はありませんでしたが、必要になる場面はこれからありそうです。

 

 

VictoryPlugin
・フリー

UE4界隈では勇名な、 Rama さんが開発したブループリントライブラリ集です。
既存のものでも一通りのゲーム開発機能が揃ってるBPをさらに拡張し、追加したものです。
追加されたBPノードは数百以上、機能も数学演算からデバッグ補助まで種類豊富。
多すぎて全てのノードを把握してる人はRamaさんだけなのではないでしょうか。
開発支援として是非導入しておきたいプラグインです。

 

 

番外編

これあったら便利そう、的なプラグイン集。

DirectorTOOL 49$
カットシーン作成ツール。シーケンサが導入されたので必要意義は少なくなりましたが、独自の機能等は用意されています。

granite $249

テクスチャ圧縮ツール。
8K4K級の巨大テクスチャがストリーミングローディングによりかなり軽量になる、との触れ込みなのですが。
評価版を試しましたがうまく動作しなかったので、詳細は不明です。
フォトリアル系レンダの場合はテクスチャの解像度はかなり大きく影響するので、例えばVRゲームなどには相性がよさそうです。
自分もこのプラグインはもう少し動向を追ってみようと思っています。

IKinema RunTime-Indie 99$

・こちらも Allright Rigと同じくリグ作成ツールのようです。
商用版としてローンチ済ですので安定動作が期待できそうです。

Dungeon Architect 99$

・こちらマーケットプレイスで販売しているダンジョン自動生成ツールです。
wikiで情報が出たときから話題になっていた様子です。
使い所は限られそうですが、活用できればゲーム作成の幅が広がりそうです。
そのうちセールがくる時を狙ってます。

VICO Dynamics 56$

・ロープ等の物理アニメーション作成用プラグインです。
有用そうな場面はすぐには思いつきませんが、なわとびとかに採用したらかなりリアルになるんじゃないでしょうか。

以上、UE4用プラグインの紹介でした。

はてなブックマーク - UE4でゲーム作る時に是非とも導入しておきたい プラグイン7種
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Quixel2.0

Quixel SUITE 2.0 – Photoshopが本格3Dペイントソフト化!NDO&DDOペインターを搭載した最新バージョンの動画が公開!
http://3dnchu.com/archives/quixel-suite-2-0/

Quixel2が発表されました。
自分はメインでSubstance D&P使ってますが、Quixelも使っています。
どちらを買おうかと悩んでるようなツイートをたまに見かけますが、自分としては両方組み合わせるのが「お手軽」というイメージです。
Quixelでベースのテクスチャを作り、SubstanceDでパラメータ化&軽量化、SubstancePでディティールの味付けという感じですね。
あくまで「お手軽」なので、クオリティを追求するという主旨ではありませんが個人レベルならこれで必要十分という認識でした。
今回発表されたQuixel2.0ではSubstancePのように3Dモデルに直接ペイントできる機能がつくようです。
Quixelの問題としては、自然背景の有機物、一般の人工物などは作りやすいのだけど特殊なものは苦手というのがありました。
例えば人体の肌の特定箇所に傷や血をつけたいとか、車体の一部にだけ汚れと埃をつけたいだとか。
そこはPhotoshopそのもののペイントで何とかしてねということなんでしょうけど、Substanceが細かいところも調整できるのに比較すると不便ではありました。
その部分の強化と、3Dペイントという目玉機能の追加が今回のメジャーバージョンアップになるようです。
SubstanceとQuixelを併用しようと思っていた自分としてはそれぞれ別の方向性で発展して欲しかったんですが、どちらもテクスチャリングのソフトとしては似たもの同士になりました。
同じテクスチャリングソフトのMariは触ったことありませんが、恐らく同じようなものでしょう。
PBRという昨今のはやりものを考えればみなの足並みが揃うのも妥当かもしれませんが、併用して使う意味は薄くなったと思います。
ただQuixelはPhotoshopのプラグインとしてのスタイルは変えないみたいですね。
これだけできればスタンドアロンでもいい気がしますが。
Quixel1.0は、UE4がサクサク動くマシンでも重かったりクラッシュしたりが多かったので、安定性がどうなるのか。
Quixelのスイートを所有してればバージョンアップは無償なので2.0にあげるとは思いますが、実際に触って見たらまた意見は変わりそうです。
あとはFBXにも対応して欲しいですね。最近のゲーム開発フォーマットではやはりFBXが主流だし。

懸念点も挙げましたがQuixelはお手軽なのに高水準のテクスチャを生成できるので気に入ってるツールです。
値段もインディー版なら一万円強なのでPhotoshopを持ってるならお試しで買っても損しないソフトだと思います。
UE4向けと仮定してどちらか一方となったらSubstanceセットでしょうが、余裕があるなら是非試してほしいですね。

はてなブックマーク - Quixel2.0
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

スマートフォン向け表示