Posts in Category: Unity3D

Oclus Rift体験動画

ニコニコにOclusRiftの疑似体験動画として良さそうな動画を見つけた。


でもこれどうやって録画してるんだろうか?
通常だとOclusRiftからは二画面分割で加工済の映像が出力されてるはずだからモニターではこうはならないはずなんだけど。

はてなブックマーク -
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Oculus Rift

Oculus Rift 注文しました。
簡単に説明するとヘッドマウントディスプレイにて3DVRを体験できる装置です(現状正式販売はしていません、開発途中の試作機です)
似たようなものは今までもあったんですが、視野角と頭部のモーショントラッキングを大幅に強化し圧倒的な没入感を味わえるのが特徴。
まだ自分は直接触ったことはないんですが、みな一様に感嘆の声をあげていてなかにはこの体験はパラダイムシフトと表現する人もいるほど。
日本だと注文してから10日ほどで到着するそうなのでかなり楽しみでありいわゆるワクテカ状態です。
最近Unityからもちょっと離れてたんですが、これを機に再び触りはじめました。
OculusRiftは後の世においてあれが一つの大きなキッカケだったと言われるようなガジェットだと思うので、早く体験してみたいですね。
やはりというか、日本人ギーグの中でもUnityやMMD関連の人が特に反応しているので自分もこのビッグウェーブに乗っていこうと思います。

以下リンクメモ

Oculus Rift等まとめ
Oculus Rift メモ
Oculus Riftが到着してからやったこと(随時更新)
Oculus Riftを注文したら届くまでに急いでやるべきこと
Oculusあるならこれをやれ
家族も盛り上がった! VRヘッドセット“Oculus Rift”実機レビュー

はてなブックマーク - Oculus Rift
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Unity4.0

Unity4.0ベータがプレオーダー以外のユーザーにも開放されたので触ってみた。

http://unity3d.com/unity/beta/download

 

しかし4のウリであるmecanimのところでいきなりつまづく。
下記チュートリアルビデオにて解説されている「Create Avater」の項目が存在しない。

 

Unity 4: Preorder Mecanim Beta Tutorial

 

機能比較表で見るとリギングはProバージョンのみとなっているので、そこの部分は解放されていないのか?
初期画面でPro版の項目はあるけど、選択はできなかったので今のところ様子見するしかない。
しかし検索してもほとんど日本語unity4.0関連のリファレンスや情報がでてこないのは問題だなあ。

はてなブックマーク - Unity4.0
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Unity3D renderer.material.color.aの挙動

renderer.material.color.aに関してメモ。
Unity 3.5.5にて確認。

render.material.color.aを操作しオブジェクトの透明度を変更するとき、javascriptとC#で振る舞いが違う。
以下のコードは通常動作しオブジェクトは透明になる。

//javascript
function Update () {
	renderer.material.color.a -= 0.1;
}

が、同じコードはC#ではエラーが発生して動作しない。

//C#
void Update () {
	renderer.material.color.a -= 0.1f;
}

正解

//C#
void Update () {
	Color color = renderer.material.color;
	color.a -= 0.1f;
	renderer.material.color = color;
}

モバイル向けでは透明度を操作することがなかったので結構はまった。

unityAnswers
http://answers.unity3d.com/questions/60453/Fading-out-using-rendermaterialcolora–doesnt-work.html

はてなブックマーク - Unity3D renderer.material.color.aの挙動
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

アセットストアにてセール開催中

現在 アセットストアにて特別セールを開催中なので、各アセットの料金と簡単な紹介。ほぼ全品が半額で販売中です。

実際に購入したわけではなく、サイト上の情報をまとめたものです。

誤訳・誤読もあるかもしれませんがその際はご容赦を。

 

Female Elementalist $30.00→$15.00

・ファンタジー系女性魔術師?の3Dモデル。

 

Desert Race Track $25.00→$12.50

・おもに砂漠レースシーンに使用する3Dモデル素材集。

 

Rotorz Tile System $55.00→$27.50

・ブロックをタイルとして敷き詰めるような感覚で2.5D系のスクロール用背景を作成できるアプリ。

 

NGUI: Next-Gen UI $95.00→$47.50

・unity開発者の間で評価の高いGUI作成スクリプト。

 

Visualizer Studio $50.00→$25.00

・オーディオ操作系?のスクリプトパッケージ。

 

Real Nature Pack 1: Summer $65.00→$32.50

・樹木、草などの自然系オブジェクトのモデル集。夏シーズン用。

 

Ultimate FPS Camera $20.00→$10.00

・FPS系ゲーム作成を支援するアセット集。

 

URG! Developer Edition $50.00→$25.00

・高機能ラグドールジェネレータ。

 

Android Game Examples $20.00→$10.00

・アンドロイドOS用ミニゲーム集。

 

Cubemapper $10.00→$5.00

・キューブマップを簡単に作成できるアプリ。

 

Elven Hunter $50.00→$25.00

・ファンタジー系狩人?の3Dモデル。変更可能な部位パーツも付属。

 

Cartoon FX Pack $20.00→$10.00

・コミック、カートゥーン系のエフェクト素材のプレハブ集。

 

Script Inspector $10.00→$5.00

・スクリプトのインスペクタ内表示を強化してくれるアプリ。シンタックスハイライト、関数検索など。

 

City Buildings Collection $20.00→$10.00

・都市ビルの3Dモデル集。タイプごとのテクスチャーも付属。

 

Cartoon Industrial Props $10.00→$5.00

・カートゥーン系の3Dモデル集。

 

TTF Text $75.00→$37.50

・テキストを3Dメッシュ化してunity上から操作可能にする。

 

Retro SFX Reloaded $50.00→$25.00

・レトロゲーム系のサウンド集。

 

Real Nature Pack 3: Winter v2 $65.00→$32.50

・樹木、草などの自然系オブジェクトのモデル集。冬シーズン用。

 

Big City Pro $75.00→$37.50

・ハイポリの3Dビルモデル集。50種類収録。

 

Localization Package $50.00→$25.00

・各国向けのローカライゼーション支援ツール?

 

Cartoon Nature Pack $50.00→$25.00

・カートゥーン風自然オブジェクトのモデル集。

 

uScript Visual Scripting Tool $95.00→$47.50

・ノードベースでスクリプトを作成できる制作支援系ツール。無料版もあり。

 

Tidy Tile Mapper $50.00→$25.00

・Rotorz Tile Systemと似た印象の2.5D系背景作成ツール。

 

Any Game Prototype Animation Pack – MALE $100.00→$50.00

・基本、応用3Dモーションを45個収録したパッケージ。

 

Aubergines Shader Pack $40.00→$20.00

・レントゲン写真のような変わった雰囲気のシェーダーパック。

 

Skeleton Sorcerer $35.00→$17.50

・ファンタジー系骸骨魔導士?の3Dモデルおよびモーションパック。

 

iXHighScore Leaderboard System $30.00→$15.00

・Unity上で簡単にネットワークランキングシステムを構築できるアセット。

 

KGFDebug $50.00→$25.00

・Unity上で単独で動作するデバッガツール。FPS計測、ログ探索など。

 

Horseman Animated Character $60.00→$30.00

・ファンタジー系騎士の3Dモデル。馬と人のモデルセット。

 

GUN pak $45.00→$22.50

・6種類の近未来型銃器機のハイポリモデル集。ローポリモデルは無料らしい。

 

Air Side-Scroller $25.00→$12.50

・Unity初心者、初級者向け学習用途の横スクロールシューティングゲームアセット群。

 

EZ Replay Manager $80.00→$40.00

・リプレイ機能をゲームに追加できるツール。単純な巻き戻し再生だけでなく様々なフレーム操作が可能なようです。

 

Kart Racer Pack $20.00→$10.00

・6種類のレーシングカートの3Dモデル集。メッシュとマテリアルだけでなくすぐ使用できるプレハブも収録。

 

iOS Text To Speech $20.00→$10.00

・テキストを音声で再生できるスクリプト。iOS専用。

 

Car Collection  $15.00→$7.50

・車の3Dモデル集。リアル系。

 

Atmospheric Scattering$30.00→$15.00

・大気をイメージしたリアリスティック系のシェーダー。

 

Substance Database$3990.00→$950.00

・Substanceというテクスチャ作成ツールに使用する素材群とキット。

 

 

この中で気になるものといえば、スクロール背景作成ツールRotorz Tile System・Tidy Tile Mapper、KGFDebugあたりですかね。

EZ Replay Managerはぱっと見た感じですがかなり高機能ぽくて良さげ。

各3Dモデルはいかにも洋風なので国内向けにはあまり需要ないかも。

まだ持ってないならばNGUI買うにはいい機会でしょう。
以上まとめでした。

はてなブックマーク - アセットストアにてセール開催中
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Unity3.5

 

 

現在アメリカで開催中のUnite11(Unity3Dの公式カンファレンス)にてUnity3.5の先行情報が公開されてます、英文ページはこちら

http://www.marketwire.com/press-release/-1566595.htm

このなかから目をひく機能をざっと挙げてみると

・マルチスレッドレンダリング対応
・ガンマコレクション機能付属のHDRレンダリング
・ラジオシティによるライトマップ
・オクルージョンカリング刷新
・群集シミュレーション
・新パーティクルシステム”手裏剣”
・そのほか30以上の新要素

正直すごすぎるといっていいアップグレード内容です
他にもカンファレンスでは技術デモ等いくつかすごいものが発表された模様

これはUnity開発陣よるゲーム制作者への挑戦状ではないのか
これだけやられたら作り手としてはもう言い訳できない、ガチ試合の土俵の上で勝負しなくてはなりません
新時代の幕開けといって過言ではありません

ウマイこと言おうとしてグダった感はありますがUnity3Dが始まりすぎているのは本当です
この先もUnity3Dには大注目ですね

はてなブックマーク - Unity3.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

UnityGames

Unityのオライリー本買うまで知らなかったんですが、日本人ユーザー制作のゲームを集めたサイトができたようです。

UnityGames http://unity-games.appspot.com/

実際のサイト上でもプレイが可能で、自分が作ったゲームのアップロードも可能です。チュートリアルもあったりして、これから日本のunityコミュニティの中心となっていくかもしれないですね。

学生さんが発起人のようですがかなりの意気込みをかんじます。

ネットでの特定文化の隆盛は本気の人間がどれだけいるかで決まる部分も大きいと思うので、今後に期待です。

自分もゲーム作ったらここにアップしようかと思ってます。

 

はてなブックマーク - UnityGames
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Unity関連サイトのまとめ

 

 

Unity関連サイトのまとめ。転載


 

上記リンク集に最低限必要な日本語サイトは含まれています。

一通り目を通せば基本的な情報は集まるでしょう

この中からいくつかピックアップしてみます。

・Unity公式サイト 日本語訳ページ

有志の手により公式英語ページが翻訳されてアップされている。
全てのページが翻訳済みではないが、ヘルプの日本語訳もあるのでまず一番目の基本サイトとなる。

 

・[PDF] Unity ドキュメント
東京工科大学 クリエイティブラボによる入門手引き

非常にわかりやすく目次つきで丁寧にまとめられている。
一通り読めばUnityでのゲーム制作の基本的な流れは把握できる。

 

・強火で進め

Unity関連の情報をブログ上で共有している。
リンクも幅広いので情報収集に有用。

 

・iPhoneゲームを20分間で作る【メダルプッシャー編】(ニコニコ動画)

Unityの日本語ビデオチュートリアルはまだまだ数が少ないが、このチュートリアルは非常に流れがわかりやすく理解の助けになった。
入門用の動画としては必見といっていいかもしれない。

 

・Yaminabe:うにばな (講座みたいなもの 第一回) – livedoor Blog(ブログ)

現役プログラマーによりUnityの解説。とくに講座シリーズではゲームを制作する上で重要な部分を重点的に解説と説明がされているので実際コードを書くときには助けとなるでしょう。

 

 

 

 

はてなブックマーク - Unity関連サイトのまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

スマートフォン向け表示