Posts in Category: 3DCG

UE4でゲーム作る時に是非とも導入しておきたい プラグイン7種

タイトルは釣り気味。

UE4はソースが公開されているので、様々なプラグインが各種開発されています。
マーケットプレイスにプラグインの項目はありますが、まだ数は少なく知名度低いものもあるのでここで紹介します。
フリーなものから有料なもの、種類もさまざまですがその中から厳選した是非導入しておきたいプラグイン全7種です。

 

Allright Rig
フリー

UE4内でメッシュにリグを設定できるプラグインです。
シーケンサと組合わせればUE4上でボーンアニメーションも作成可能です。
有料で似たようなプラグインはいくつかあるようですが、現在無料なのはこれだけと思います。
スケルタルメッシュアニメーションはUE4上でも一応作成可能ではありますが、実際別のDCCでツールを使用して作成する場合がほとんどだと思うのでこのプラグインの存在意義は高いですね。
まだベータテストの開始直後であり、機能も全て把握はしていませんが今後の開発も期待できる将来性の高いプラグインだと思います。
将来は製品版として有料になる可能性もあるかも?

 

 

NeoFur
非商用版/20ドル 商用版/99ドル

・髪、毛皮を作成するプラグインです。
それだけでなく植物なども作成可能です。
今ならセール中であり、非商用の個人使用なら16ドルほどで購入可能です。
自分も購入したばかりなのであまり動かしていませんが、デモを見る限り使用用途はかなり幅広そうです。
UE4はデフォルトでは髪・毛の表現はあまり得意でなく、作成も容易とはいえないので持っておいて損は無さそうなツールです。

 

 

SubstancePlugin
フリー

・有名なテクスチャ作成ツール SubstanceDesigner・SubstancePainter のファイルをUE4に読み込むためのプラグインです。
たまに挙動が悪さをするらしく、特にパッケージングなどで開発者を泣かせたネガティブな実績もあるプラグインですが・・さすがに機能も豊富で導入するメリットは十分にあります。
テクスチャ作成はあくまで別ツールのSD・SPになりますが、双方ともにテクスチャエディタとしては最高峰であり、実際にハイエンドゲーム開発会社にて採用実績も多数ある業界標準の地位を確立しているスタンダートなアプリです。
同じくSubstanceのテクスチャ作成支援、Bitmap2Materialというツールもマーケットプレイスに存在します。
UEでゲーム開発するならテクスチャはどうしても必要になるので、何がしかの作成環境はほとんど必須と言い切っていいと思います。
自分もSD・SPとまた別のQuixelというテクスチャ作成支援ソフトを併用してます。

話はそれましたが、SDとSP上で設定したパラメータなどはそのままUE4上で調節できるので使いやすいです。
ラフネス・ディスプレイスはもとより独自に設定することも可能なのでテクスチャ作成の選択肢はかなり広がります。
動作も軽快であり、導入も手軽で簡単なのでおすすめします。

 

 

PopcornFX
非商用版/フリー 商用版/250$

シェーダーベースでエフェクトを作成するフリープラグイン。
ただマーケットプレイスではフリーなのですが、公式サイトには25$で販売されています。機能はまた別なのでしょうか?
正確にはPopcornFXエディタという専用の開発環境が別に用意されており、それをUE4内に取り込むためのプラグインです。
前述のとおりシェーダーベースでランタイムなので非常に動作が軽く、パーティクル大量表示などが得意です。デモをご覧いただければわかりますが非常に高精細で美しいエフェクトを作成できます。
GLSL言語でソースを直接記述してエフェクトを作成する形式なので、難易度としてはやや高いですがUE4と組合わせた場合の表現力は抜群ですね。
ただUE4は基本シェーダーがHLSLなので、どうせなら同じ形式ならもっと楽だったかなと。
もっともGLSLとHLSLはある程度互換性があるので大きな障害にはならないでしょうが。

 

 

TrueSKY
インディーライセンス/99$ サブスクリプション/16$(月払い)

UE4上で自由に天球・天候を編集できるプラグインです。
単純に時間・天候を設定するアセットは数多いですが、これは機能も豊富で表現力は数段上な気がします。
特にボリュメトリックな雲は抜群の存在感があります。専用ノードも用意されておりブループリントとの連携も可能。
バンダイナムコさんのシューティングゲーム「エースコンバット」シリーズでも採用例があるので、実力・実績ともに申し分ないでしょう。
インディー向けで買い切り99ドルと比較的高価ですが、サブスクリプションライセンスなら月16ドルで導入できるので敷居は決して高くないと思います。
PopcornFXと これはUnity向けにも同じプラグインが存在しますね。

 

 

 

WIP Weather & Ocean Water Shader
フリー

・ue4上で海面を再現するシミュレーター。
カスタム・拡張が容易で無料としては必要十分な機能が揃っています。
有料で似たようなプラグイン・アセットはありますがどれも高価なのでこれを持っておいて損はないと思います。
今のとこ使う機会はありませんでしたが、必要になる場面はこれからありそうです。

 

 

VictoryPlugin
・フリー

UE4界隈では勇名な、 Rama さんが開発したブループリントライブラリ集です。
既存のものでも一通りのゲーム開発機能が揃ってるBPをさらに拡張し、追加したものです。
追加されたBPノードは数百以上、機能も数学演算からデバッグ補助まで種類豊富。
多すぎて全てのノードを把握してる人はRamaさんだけなのではないでしょうか。
開発支援として是非導入しておきたいプラグインです。

 

 

番外編

これあったら便利そう、的なプラグイン集。

DirectorTOOL 49$
カットシーン作成ツール。シーケンサが導入されたので必要意義は少なくなりましたが、独自の機能等は用意されています。

granite $249

テクスチャ圧縮ツール。
8K4K級の巨大テクスチャがストリーミングローディングによりかなり軽量になる、との触れ込みなのですが。
評価版を試しましたがうまく動作しなかったので、詳細は不明です。
フォトリアル系レンダの場合はテクスチャの解像度はかなり大きく影響するので、例えばVRゲームなどには相性がよさそうです。
自分もこのプラグインはもう少し動向を追ってみようと思っています。

IKinema RunTime-Indie 99$

・こちらも Allright Rigと同じくリグ作成ツールのようです。
商用版としてローンチ済ですので安定動作が期待できそうです。

Dungeon Architect 99$

・こちらマーケットプレイスで販売しているダンジョン自動生成ツールです。
wikiで情報が出たときから話題になっていた様子です。
使い所は限られそうですが、活用できればゲーム作成の幅が広がりそうです。
そのうちセールがくる時を狙ってます。

VICO Dynamics 56$

・ロープ等の物理アニメーション作成用プラグインです。
有用そうな場面はすぐには思いつきませんが、なわとびとかに採用したらかなりリアルになるんじゃないでしょうか。

以上、UE4用プラグインの紹介でした。

はてなブックマーク - UE4でゲーム作る時に是非とも導入しておきたい プラグイン7種
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

アンリアルエンジン 複数PCにインストールしてみた

アンリアルエンジン4はサブスクリプションユーザーであれば何台でもインストール可能なのでいろんなPCにいれて試してみた。
正確なベンチとかはとってないので、あくまで所感。

旧 windowsPC
Core2Quad 2.4GHz 8G QuadroFX1800 SSD/120G

重い。Elementalデモはカクカク。Caveとsubwayは10fps程度だった。
描画設定落とせば作業はできるレベル。起動は早くないが支障はない。



新 windowsPC
Core i7-4770 16GMB GeForceGTX650 HD/240G

ここから問題なく作業はできる。Elementalは30fpsくらい。が再生するとかなり描画にもたつく印象。
やはりビデオカード重要か。あと起動が妙に時間かかるのが気になった。



新調 windowsPC
Core i7-4770k(OC有効) 16GMB GeforceGTX760 SSD/250G

快適。Caveやsubwayでも50~60FPSで安定している。
初回起動がかなり早くなった。ある程度の規模のゲームをUE4で作るならこのくらいのスペックが基準か。
あとなぜかASUSのマザーボードでMathのサンプルシーンで必ず落ちるという症状が発生。
Biosアップデートで治った。



MacbookPro 2010
IntelCore-i5 2.4GHz 8GMB Intel HD Graphics

激重。でも起動はする。MobileTempleだと描画設定を落としても5fpsくらい。
かなり厳しいけど作業は可能で途中で落ちたりすることはなかった。
ただしElementalデモは再生できず。



重要なのはやはりビデオカードぽい。
GeForceだと、750以上 今なら2万円程度で買えるもの以上は欲しい感じ。
GTX650では重いシーンはきついかも。ハイポリモデルや複雑なシェーダー使わなければいけそう。
あと通常のハードディスクでは起動が妙に遅い。ほかの要因があるかもだけど。
最近のPCゲームが普通に遊べるPC構成+SSDならとりあえずは不足はないと思われる。

はてなブックマーク - アンリアルエンジン 複数PCにインストールしてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

SFL

本選には遅刻したけどあと少しで完成、と安易に見込んでたらここにきて最終が見えなくなってきた、、、
バイヤーバイヤー

A_03 (00203)

はてなブックマーク - SFL
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

Oculus Rift

Oculus Rift 注文しました。
簡単に説明するとヘッドマウントディスプレイにて3DVRを体験できる装置です(現状正式販売はしていません、開発途中の試作機です)
似たようなものは今までもあったんですが、視野角と頭部のモーショントラッキングを大幅に強化し圧倒的な没入感を味わえるのが特徴。
まだ自分は直接触ったことはないんですが、みな一様に感嘆の声をあげていてなかにはこの体験はパラダイムシフトと表現する人もいるほど。
日本だと注文してから10日ほどで到着するそうなのでかなり楽しみでありいわゆるワクテカ状態です。
最近Unityからもちょっと離れてたんですが、これを機に再び触りはじめました。
OculusRiftは後の世においてあれが一つの大きなキッカケだったと言われるようなガジェットだと思うので、早く体験してみたいですね。
やはりというか、日本人ギーグの中でもUnityやMMD関連の人が特に反応しているので自分もこのビッグウェーブに乗っていこうと思います。

以下リンクメモ

Oculus Rift等まとめ
Oculus Rift メモ
Oculus Riftが到着してからやったこと(随時更新)
Oculus Riftを注文したら届くまでに急いでやるべきこと
Oculusあるならこれをやれ
家族も盛り上がった! VRヘッドセット“Oculus Rift”実機レビュー

はてなブックマーク - Oculus Rift
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

アセットストアにてセール開催中

現在 アセットストアにて特別セールを開催中なので、各アセットの料金と簡単な紹介。ほぼ全品が半額で販売中です。

実際に購入したわけではなく、サイト上の情報をまとめたものです。

誤訳・誤読もあるかもしれませんがその際はご容赦を。

 

Female Elementalist $30.00→$15.00

・ファンタジー系女性魔術師?の3Dモデル。

 

Desert Race Track $25.00→$12.50

・おもに砂漠レースシーンに使用する3Dモデル素材集。

 

Rotorz Tile System $55.00→$27.50

・ブロックをタイルとして敷き詰めるような感覚で2.5D系のスクロール用背景を作成できるアプリ。

 

NGUI: Next-Gen UI $95.00→$47.50

・unity開発者の間で評価の高いGUI作成スクリプト。

 

Visualizer Studio $50.00→$25.00

・オーディオ操作系?のスクリプトパッケージ。

 

Real Nature Pack 1: Summer $65.00→$32.50

・樹木、草などの自然系オブジェクトのモデル集。夏シーズン用。

 

Ultimate FPS Camera $20.00→$10.00

・FPS系ゲーム作成を支援するアセット集。

 

URG! Developer Edition $50.00→$25.00

・高機能ラグドールジェネレータ。

 

Android Game Examples $20.00→$10.00

・アンドロイドOS用ミニゲーム集。

 

Cubemapper $10.00→$5.00

・キューブマップを簡単に作成できるアプリ。

 

Elven Hunter $50.00→$25.00

・ファンタジー系狩人?の3Dモデル。変更可能な部位パーツも付属。

 

Cartoon FX Pack $20.00→$10.00

・コミック、カートゥーン系のエフェクト素材のプレハブ集。

 

Script Inspector $10.00→$5.00

・スクリプトのインスペクタ内表示を強化してくれるアプリ。シンタックスハイライト、関数検索など。

 

City Buildings Collection $20.00→$10.00

・都市ビルの3Dモデル集。タイプごとのテクスチャーも付属。

 

Cartoon Industrial Props $10.00→$5.00

・カートゥーン系の3Dモデル集。

 

TTF Text $75.00→$37.50

・テキストを3Dメッシュ化してunity上から操作可能にする。

 

Retro SFX Reloaded $50.00→$25.00

・レトロゲーム系のサウンド集。

 

Real Nature Pack 3: Winter v2 $65.00→$32.50

・樹木、草などの自然系オブジェクトのモデル集。冬シーズン用。

 

Big City Pro $75.00→$37.50

・ハイポリの3Dビルモデル集。50種類収録。

 

Localization Package $50.00→$25.00

・各国向けのローカライゼーション支援ツール?

 

Cartoon Nature Pack $50.00→$25.00

・カートゥーン風自然オブジェクトのモデル集。

 

uScript Visual Scripting Tool $95.00→$47.50

・ノードベースでスクリプトを作成できる制作支援系ツール。無料版もあり。

 

Tidy Tile Mapper $50.00→$25.00

・Rotorz Tile Systemと似た印象の2.5D系背景作成ツール。

 

Any Game Prototype Animation Pack – MALE $100.00→$50.00

・基本、応用3Dモーションを45個収録したパッケージ。

 

Aubergines Shader Pack $40.00→$20.00

・レントゲン写真のような変わった雰囲気のシェーダーパック。

 

Skeleton Sorcerer $35.00→$17.50

・ファンタジー系骸骨魔導士?の3Dモデルおよびモーションパック。

 

iXHighScore Leaderboard System $30.00→$15.00

・Unity上で簡単にネットワークランキングシステムを構築できるアセット。

 

KGFDebug $50.00→$25.00

・Unity上で単独で動作するデバッガツール。FPS計測、ログ探索など。

 

Horseman Animated Character $60.00→$30.00

・ファンタジー系騎士の3Dモデル。馬と人のモデルセット。

 

GUN pak $45.00→$22.50

・6種類の近未来型銃器機のハイポリモデル集。ローポリモデルは無料らしい。

 

Air Side-Scroller $25.00→$12.50

・Unity初心者、初級者向け学習用途の横スクロールシューティングゲームアセット群。

 

EZ Replay Manager $80.00→$40.00

・リプレイ機能をゲームに追加できるツール。単純な巻き戻し再生だけでなく様々なフレーム操作が可能なようです。

 

Kart Racer Pack $20.00→$10.00

・6種類のレーシングカートの3Dモデル集。メッシュとマテリアルだけでなくすぐ使用できるプレハブも収録。

 

iOS Text To Speech $20.00→$10.00

・テキストを音声で再生できるスクリプト。iOS専用。

 

Car Collection  $15.00→$7.50

・車の3Dモデル集。リアル系。

 

Atmospheric Scattering$30.00→$15.00

・大気をイメージしたリアリスティック系のシェーダー。

 

Substance Database$3990.00→$950.00

・Substanceというテクスチャ作成ツールに使用する素材群とキット。

 

 

この中で気になるものといえば、スクロール背景作成ツールRotorz Tile System・Tidy Tile Mapper、KGFDebugあたりですかね。

EZ Replay Managerはぱっと見た感じですがかなり高機能ぽくて良さげ。

各3Dモデルはいかにも洋風なので国内向けにはあまり需要ないかも。

まだ持ってないならばNGUI買うにはいい機会でしょう。
以上まとめでした。

はてなブックマーク - アセットストアにてセール開催中
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

スマートフォン向け表示