アンリアルエンジン 複数PCにインストールしてみた

アンリアルエンジン4はサブスクリプションユーザーであれば何台でもインストール可能なのでいろんなPCにいれて試してみた。
正確なベンチとかはとってないので、あくまで所感。

旧 windowsPC
Core2Quad 2.4GHz 8G QuadroFX1800 SSD/120G

重い。Elementalデモはカクカク。Caveとsubwayは10fps程度だった。
描画設定落とせば作業はできるレベル。起動は早くないが支障はない。



新 windowsPC
Core i7-4770 16GMB GeForceGTX650 HD/240G

ここから問題なく作業はできる。Elementalは30fpsくらい。が再生するとかなり描画にもたつく印象。
やはりビデオカード重要か。あと起動が妙に時間かかるのが気になった。



新調 windowsPC
Core i7-4770k(OC有効) 16GMB GeforceGTX760 SSD/250G

快適。Caveやsubwayでも50~60FPSで安定している。
初回起動がかなり早くなった。ある程度の規模のゲームをUE4で作るならこのくらいのスペックが基準か。
あとなぜかASUSのマザーボードでMathのサンプルシーンで必ず落ちるという症状が発生。
Biosアップデートで治った。



MacbookPro 2010
IntelCore-i5 2.4GHz 8GMB Intel HD Graphics

激重。でも起動はする。MobileTempleだと描画設定を落としても5fpsくらい。
かなり厳しいけど作業は可能で途中で落ちたりすることはなかった。
ただしElementalデモは再生できず。



重要なのはやはりビデオカードぽい。
GeForceだと、750以上 今なら2万円程度で買えるもの以上は欲しい感じ。
GTX650では重いシーンはきついかも。ハイポリモデルや複雑なシェーダー使わなければいけそう。
あと通常のハードディスクでは起動が妙に遅い。ほかの要因があるかもだけど。
最近のPCゲームが普通に遊べるPC構成+SSDならとりあえずは不足はないと思われる。

はてなブックマーク - アンリアルエンジン 複数PCにインストールしてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Share on FriendFeed
Bookmark this on Google Bookmarks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スマートフォン向け表示